痩せ体質なら消化吸収をサポートしてあげる

食べても太らないという人は、消化する酵素が少ないという可能性があります。

 

この消化酵素が人によってそれぞれなんですが、胃腸が弱い方はこの量が少ないという場合が多いんです。

 

消化酵素

 

 

自分の消化酵素が少ないかどうかは、『下痢をしやすいか?』で判断出来ます。

 

便が柔らかい場合も消化吸収力が少ないとも考えられます。

 

 

消化吸収力が弱い=痩せ体質とも言えるので、そういった場合は“漢方”“消化酵素の働きを助けるサプリ”がおすすめです。

 

本来、摂取カロリー>消費カロリーであれば、人は太るように出来ています。

 

 

周りの人と比べて、摂取カロリーの方が多いはずなのに太れないなら、胃腸が弱っている可能性が高いです。

 

サプリなどで胃腸の働きを高めて消化酵素の分泌を促してあげる事で、太れる体質に改善できるかもしれません。

 

 

原因が胃腸の働きであれば、漢方や消化酵素のサプリを使って身体の調子を良くするだけでも、体重増加につながります。

 

 

インスリンの働きもサポートしてあげる

 

胃腸は元気で食べた物を消化できていたとしても、インスリンの働きが弱く、栄養を吸収できていない可能性も考えられます。

 

その場合は、インスリンを活発にする“亜鉛”や分泌量を増やす“タウリンサプリ”がオススメです。

 

亜鉛タウリン

 

 

亜鉛はインスリンの分泌の為に有効な成分といわれ、栄養吸収が上手くできない場合には助けてくれます。

 

タウリンはアミノ酸の一種で消化液の主成分になっていて、このタウリンもインスリンの分泌を促す効果も持っています。

 

 

効能としては疲れ目や疲労回復にアルコール分解と、現代人にとってはかなり実生活に役に立ってくれる効能があります。

 

この両方を摂取する事でインスリンの働きを助け、体内を正常な活動に戻すことで食べ物の栄養をきちんと吸収できるようになります。

 

 

体質改善で胃腸は元気なんだけどと思っている場合は、消化の力を助けるこの二つの成分を取ってみる事がおすすめです。

 

しかし、“インスリンだけ分泌させる”という事を目標にするのは、健康にとても悪い影響があるので注意が必要です。

 

太ることはできるのですが、インスリンが過剰に分泌されると逆に“脂肪を蓄積しやすい体”になってしまいます。

 

 

痩せている時は太りやすい体質に憧れるものですが、インスリン分泌が過剰になるとエネルギーが余ってしまうので、

  • 低血糖になって体がだるい
  • イライラや、うつ状態になりやすい
  • 眠れない

 

など体に害のある症状が出てくるので気を付けましょう。

 

 

痩せ体質の人が太る為に1番大切なのは食事

 

太るためにはカロリー消費より食べる量を増やすことは大切なことです。

 

しかし1番気を付けなければならないのは、カロリーを増やすためだけの暴飲暴食です。

 

暴飲暴食

 

 

カロリーが少なくとも痩せ体質が改善されればきちんと栄養も吸収されますし、合わせて筋トレをきちんと行えばゆっくりでも体重増加につながってきます。

 

暴飲暴食を続けると胃が疲れてしまい活動が弱くなってしまったり、内臓を痛める結果となり脂肪肝や膵炎というリスクに変わってきます。

 

 

痩せ体質で多くを食べられないなら、食事の回数を3回から4回に分けるといった胃に優しい食べ方や、消化の良いものを食べるという事を心がけてみて下さい。

 

これだけでも、効果は十分を感じられるはずです。

 

 

きちんとした食生活をして、身体の負担とならない範囲でゆっくり体質改善をしていくことが、体調不良にもならず数か月後には健康的な身体に変化させることに繋がります。

 

 

>>太るサプリ!プロテインで太りたい人【要注意】 TOPへ